永久脱毛 自己処理

永久脱毛と自己処理

永久脱毛って本当に永久なの?

永久脱毛という言葉があります。
完全にムダ毛のない状態で、そしてそれがずっと永久的に続くことからできた言葉です。
「しかし永久脱毛って本当なの?」というちょっとした都市伝説がありますよね(笑)

ほとんどの人が気づいてる、もしくは知っての通り、永久脱毛は言葉通り、
無毛状態が永遠に続くことはありません(>_<)

「減毛状態を長期間に渡って維持できる方法」が「永久脱毛」なんです。
本当の無毛状態という意味の永久脱毛は、ニードル脱毛と呼ばれている
地道に1本1本毛根を閉じていくあの痛~い脱毛方法です。

話は戻って、減毛状態ってどのくらいなんでしょうか?
実は、現在脱毛サロンで行われている光脱毛はまだ歴史が浅いため、
あまり正確なデータがありません。
そういう意味で「永久脱毛」とはっきり公言できてないんですね。
同様に、脱毛終了後も多くの人は産毛程度で、しかも全く気にならない程度の毛が残っている人、
はたまた「もう生えないと思っていたのにまた生えてきた!」と感じる人もいます。

確実に無毛にしたいのならば光脱毛である程度毛を減らして、
気になる部分をニードル、電気脱毛でしとめるのが一番です。

ですが産毛程度の気にならない程度ならば、ほぼ永久脱毛と言っても過言ではありませんね♪

永久脱毛のイメージ

私が実際そうだったんですが、脱毛って高いってイメージがありませんか?
しかも永久脱毛なんてお金に余裕があるマダムがやるようなことだし、強い勧誘にあって
結局泣き寝入りだったりとか。
私はそういうイメージがあったので、やってみたいけど、できないんだろうなぁくらいの憧れ的な感じでした。

初めて脱毛のイメージが崩れたのは、広告を見てからです。
私は脱毛サロンで施術を受けていますが、ワキの脱毛がすっごい安い!!
その料金ならもし効果なくてもいいわ、って言うくらい安くて、その瞬間「えー、これくらいならやってみたいかも」って思って
インターネットでいろいろ調べだしました。

きっとこの記事を見てる人も、脱毛に興味があるけど、いまいち本当なのか不安だからですよね?
私もそうでした。
いろいろ調べてもやっぱり多くはいいことしか書いてないわけで、しかも似たような情報ばっかり出てくるので、
「業者だろ!」なんて思うこともありました(笑)

私の場合、もし効果でなくても泣き寝入りでいいやって思って脱毛サロンに通いだしたんですね(笑)
「勧誘はあったとしても強くない」「いいですって言えばあっさり引き下がる」って情報を見ましたが、
これもあんまり信用してなくて、「絶対何か勧められてもNOって言えよ私!!」て何回も思いながらカウンセリング受けたんです。
実際勧誘は強くなかったです。
でも勧め方はやっぱ上手だな~って思う。見事にワキ以外も一緒に契約しましたからね、私(笑)
まさにカモ状態。
今となっては結果オーライなので笑い話です。

※ただ、普通の人よりもあきらかに敏感肌だったり、乾燥肌だったりということを自覚している方の場合は、慎重に脱毛すべきですね。
まずは、ワキだけで通ってみて何も肌トラブルにならないようであれば、全身に移行しても良いでしょう。